低体温と低血圧の関係

低血圧の方は、血液の流れが元々弱いので、
心臓から送り出される血液の量が少なくなっています。
全身に送られる血液の量が少なくなっていると、
どう言う状態になるのでしょう?

めまいや立ちくらみなどの貧血状態は、低血圧の方には
よくあるようですが、この症状だけでなく自律神経の
機能が乱れることが多くなります。

体の生産熱は筋肉で生まれます。
その熱を体に伝えるのが血液の働きの1つですが、
低血圧で血量が少ないと言う事は、体に運ばれる熱も
少なくなってしまっていると言えます。

この状態で熱を生み出す力が弱く、少ない熱を運ぶ血流が悪くなって
いると、低血圧の方は当然、低体温になる確率が高くなります。

朝の寝起きが悪いのは、低血圧の方だけでなく
低体温や低血糖の方にも起きることです。
朝起きるのが辛く、ぎりぎりまで布団から出られないために、
朝食を抜くことも多いでしょう。

低体温の方にも睡眠障害を訴える方が多く、質の良い
睡眠を取ることが出来ないため、朝がすっきりとしないのです。
そのために、いつまでも布団から出られないので、
朝食を抜いてしまうことが多くなります。

低体温と低血圧は、この様に似たような症状になっています。
どちらも血流が悪く、倦怠感や肩こりなど同じ症状が現れるようです。

ただし、低血圧の方が全て低体温だとは言い切れません。
同じ症状が出るので、低血圧=低体温と決め付ける事は出来ません。

どちらにしても、体にとって良い状態では無いので、症状を
緩和させるための方法を調べて、出来るだけ早く改善していくようにしましょう。