気温に気を付ける赤ちゃんの低体温

低体温は誰にでも起こる症状です。
生活習慣のバランスが悪かったり、食生活に問題が
あるなどの原因と、環境温度によって起こるものがあります。

赤ちゃんの低体温の場合は、この環境温度が原因になります。
寒い季節には、特に注意しておかないと、危険な事になりかねません。

赤ちゃんは体温を調節する機能が未発達なので、
外気温にすぐ影響されてしまいます。寒い日のお出かけには、
暖かい衣類やおくるみなどで低体温になるのを防いでください。

ただし、低体温を気にしすぎてあまりにも厚着させすぎたり、
部屋の温度を高くしすぎると、熱がこもって体温が
高くなり過ぎることもあるので、注意してください。

気をつけなければいけないのは、暖房が効いてる部屋でも、
暖かい空気は上へ上がってしまうので、床の近くや窓際は、
温度が低くなっていることがあります。

赤ちゃんが寝ているところの気温を把握しておくことが
大切です。寒い時だけ気をつけていれば大丈夫と
思っていると、落とし穴があります。

暑い季節はクーラーが効いた部屋に、赤ちゃんを
寝かせていることが多いのではないでしょうか。

大人が快適な温度でも、赤ちゃんにとっては
低体温を引き起こしてしまうことがあります。

クーラーの効いた部屋に寝かせる時は、
快適温度より少し高めの温度設定を心がけましょう。

赤ちゃんの手足が冷たいとびっくりすることもありますが、
センサーの代わりをしているので心配はありません。体が
温かければ何の問題も無いので心配しすぎないようにしましょう。

赤ちゃんの低体温を防ぐために、
環境温度を整えてあげることが重要になるのです。