女性に多い低体温

低体温が女性に多いと言われますが、何故でしょう。
女性には生理があるため、高体温期と低体温期があるので、
どうしても低体温になってしまう期間があります。

しかし、平熱が36度以上あるにもかかわらず、35度台に
なってしまうのを生理前の低体温期だと、間違って
認識してしまう方がいます。これは、低体温期ではなく、
身体が冷えてしまって低体温になっていることが多いようです。

また、女性は男性と比べると筋肉の量が少ないので、
熱を生み出す働きが悪い事も低体温になりやすい理由です。

この低体温は、女性に多く見られる冷えや生理不順を
引き起こす原因になっています。また、不妊にも
影響していると言われているので、放っておくことは出来ません。

低体温の原因になっている、生活習慣の乱れやストレス、
冷房の効いた室内に長い時間いるなど、思い当たる方は注意してください。

このような生活を送っていると、自律神経が乱れてしまうので、
身体の様々なところに不快な症状が現れてきます。
肩こりやむくみ、手足の冷えなども引き起こされてしまうので、
低体温はいろいろな病気の原因になってしまうこともあります。

低体温を解消するために、漢方薬やサプリメントなどが
効果的ですが、まずは自分の生活習慣や食生活を見直してみて、
出来るだけ自然な形で解消出来るように心がけましょう。

自分が低体温になっていないか調べて、もし低体温の疑いがあれば、
出来るだけ早い時期に解消するための取り組みを行っていきましょう。

生活習慣や食生活を改善しながら、漢方やサプリメントなどを
正しく使って、正常な体温に戻すようにしましょう。