幼児の低体温解消法

低体温になっているのは、大人だけではありません。
幼児期の子供にも低体温がある事に、驚く方もいるでしょう。

10歳以下の幼児の低体温が最近問題になっていますが、
低体温だけでなく低血圧も同じように起こっています。

何故、幼児の低体温や低血圧が増えているのでしょう。
根本的にこの2つの症状の原因は同じと考えられます。

最近朝食を摂らない子供が増えていると言う事ですが、
これが更に悪循環を生み出しているのです。
幼児の低体温は、生活のリズムが乱れているために起こるようです。

幼児期にしっかりと栄養を摂って、運動をして、
休養するという流れが上手く行われていない事が多いため、
生活のリズムが狂ってしまうのです。

特に、体温を調節する機能が悪くなっているために
起きるのが低体温なので、この体温調節が正しく
行われるようにする必要があります。

幼児期は外気に触れながら運動的な遊びを
する事によって、筋肉が熱を生み出すので、
平熱が36〜37℃をキープすることが出来ます。

また、しっかりと睡眠を取ることも大切です。
昼間にたくさん身体を動かして、たくさんの睡眠を取ることで、
幼児期にふさわしい生活のリズムを身に付ける事が出来ます。

以前の幼児に見られなかった低体温を正しい体温に
戻すために、親がしっかりとした食事と睡眠と運動を促して、
本来の幼児の生活のリズムを取り戻してあげましょう。

幼稚園や保育園などの施設でも、低体温の幼児が増えている事に
問題があると考えて、同じようにバランスの取れた食事・
休養・運動の取り組みを心がけているところが増えてきています。

幼児の低体温を予防するのは、大人の大切な役目ではないでしょうか。