新生児の低体温

低体温は様々な要因が重なって起こることが多く、
ストレスや過剰なダイエット、運動不足など生活習慣に
大きく影響されることが1番の原因です。

ただし、外的な環境温度によって低体温になることがあります。

特に胎児は、分娩後に急激な環境温度の低下を経験します。
胎内の温度38℃に対し、胎外は約24〜26℃になるために、
出産直後の新生児にとって生まれた直後から寒冷刺激を受けます。

この刺激は生まれたての赤ちゃんにとって重要なもので、
寒冷刺激を感じて呼吸をするということが分っています。

また、寒冷刺激によって低体温にならないように、
赤ちゃんは自分の体で熱を作り出す働きと、
熱を放射する働きが生まれてくるのです。

この働きが上手く行かなくなって低体温の状態になると、
赤ちゃんにたいへんな障害が生じてきます。

低体温が影響するのが哺乳障害ですが、これは出産後の
低体温から身を守るために起きると考えられています。

未熟児は特に環境温度の変化に弱いので、
保育器の中の温度は体温と同じ36度に保たれていて、
低体温にならないようになっています。

赤ちゃんは大人に比べると体温調整可能温度域が
狭いため、環境温度の変化に敏感に反応してしまいます。

その他に、病気の影響で普通なら熱が高くなるところが、
熱を出す力が無く低体温になってしまうこともあります。
高い熱が出るよりも低体温に陥ってしまう方が
重症になるので、注意が必要です。

産まれたての赤ちゃんが低体温に陥らないように、
病院や産院ではすべてのケアを行いながら、
赤ちゃんが自分から体温調節が上手に出来るように促しています。