低体温で気を付ける事

初めから低体温の人はいません。
様々な要因が重なって、知らず知らずのうちに
低体温になってしまっていたと言う方がほとんどでしょう。
様々な要因があると言うことは、低体温を予防することは可能だと言う事です。

しかし、もし低体温になってしまったら、どうすれば良いか考えなくてはいけません。
まずは、なぜ自分が低体温になってしまったのか、原因を調べましょう。
食生活に問題があるのか、生活習慣に問題があるのか、その他にも
何か原因があるのか突き止めて、その原因になっていることの見直しが必要になります。

無理なダイエットをして、食事のバランスが悪くなっている方も中にはいるようです。
不規則な生活で、外食が多かったり偏った食事をしている方は、低体温に気をつける必要が
あります。出来るだけ夏に旬の野菜や果物を避けて、身体を温める食品を摂るようにします。

ミネラルやビタミンも不足しないようにしましょう。
運動不足になっている方も、気をつけなければいけません。
時間を決めて、最初は短い時間でも良いので、毎日身体を動かすようにしましょう。
筋肉を鍛えて基礎代謝を上げると、ダイエット効果も期待出来ます。

シャワーだけで済ましているバスタイムを使って、ゆっくりと湯船に浸かることもお勧めです。
身体を心から温めて血液の流れを良くすると、新陳代謝が活発になって、美肌効果もあると
言われています。冷房の温度をあげて、身体を冷やさないようにする事も大切です。

女性は身体を締め付けない下着をつけましょう。日頃から、低体温改善を
意識する事で、少しずつでも体温を上げて36度〜37度をキープしていきましょう。