増えている子供の低体温

低体温は大人の特に女性に多いと言われていましたが、
最近は低体温の子供が増える傾向にあります。

子供はもともと基礎代謝が高いので体温も高いはずなのですが、
何らかの原因で低体温の状態になって、体調が悪くなったり
肥満の原因にもなっていると言われ問題になっています。

特に最近の子供は、あまり汗をかかなくなったと言われています。

本来汗は、身体の体温を調節するために必要な生理現象
なのですが、この機能が働かなくなっていると言う事です。

人間は活動するためにエネルギーを食べ物などから摂り、
身体を動かして熱を生み出します。

あまり熱がたくさん溜まると、体内を冷やすために
汗をかきます。この汗が出る汗腺は、生まれて3歳くらいまで
の間に、育った環境温度に順応して出来上がります。

暑いところで育つと汗腺が多く、寒いところで育つと
少なくなり、日本は丁度中間の環境になります。

しかし、最近子供のうちから冷暖房の効いた空間で
育つことが多いので、汗をかかなくても良いため、
汗腺が未発達のまま成長してしまうのです。

汗腺が発達しないまま成長すると、体内の熱を発散することが
出来なくなり、そのため身体自体が生体防御反応として、
熱を作り出さなくなります。

このことから、低体温の子供が増えていると言われています。

基礎代謝が悪くなることで様々な症状が現れるのは、
大人も子供も同じです。子供の肥満や生活習慣病が
増えているのも、この低体温が関係していると考えられます。

子供のうちから低体温にならないための工夫をしていかなければ、
大人になってから改善しても遅いのではないでしょうか。