低体温と癌の関係

低体温の方は体温が35度台で、ひどい方になると34度台になることもあるそうです。
低体温は身体の中心部が冷えた状態になっているので、内臓から既に冷たい状態と言えます。

低体温のままだと、身体の機能のほとんどが低下していきます。
代謝も、免疫力も、消化も、燃焼も機能低下を起こしていくので、
低体温が様々な症状を引き起こすのも理解できます。

様々な症状が起こりますが、1番気を付けなければいけないのは癌です。
低体温の方の35度台の体温は、癌の細胞が活発に動きやすい温度なのです。
癌は35度の身体の中で、ドンドン増殖していきます。

癌になる前兆に、風邪を引きやすくなったと言われる方もいます。
これは低体温で免疫力が低下する事で、身体が感染症に
かかりやすい状態になっているからです。この時点で身体は、
低体温の35度台になっていると疑った方がいいかもしれません。

普通身体は異物を感知すると、熱を出して自然治癒力で
やっつけようとしますが、癌は低体温になっている身体が
弱っているところに現れるので、熱でやっつける自然治癒力が
働かないのです。低体温は身体にとっていい事は何も無いので、
改善していくことが重要ではないでしょうか。

手足が冷たくなるなどの、目立った自覚症状が無いところに、
低体温の落とし穴があるのです。先ずは、自分が低体温なのかを確かめましょう。
朝起きてすぐの体温が36度以上あるか、夕方の体温と朝の体温の差が、
0.5度以上あるかで判断してみましょう。

また、最近風邪を引きやすくなったとか、暴飲暴食していないのに
体重が増えたとか、女性なら生理不順になっていないかなど、必ず
低体温のサインがあるので、そのサインを見落とさないようにしましょう。