低体温と低代謝

産まれた時から冷暖房の効いた室内で過ごし、汗をかかない
生活を送っていると、汗腺が少なく機能が発達しないままの
身体になって行きます。人間は生まれた環境によって汗腺の数や
機能が変わってくるため、こういう現象が起こってくるのです。

汗腺が少ないと汗をあまりかかなくて良いような気もしますが、
汗をかかないことが身体に与える影響はたいへん大きいのです。
汗をかかないと体内に熱がこもって放射出来なくなります。
そうなると、身体は熱を作ることを止めてしまいます。

熱を作れない体は、低体温や低代謝の状態になり、
様々な機能が低下して不快な症状が現れてきます。

低体温のため基礎代謝が低下することは、身体の血液や
リンパ液などが循環しなくなり、栄養や酸素を送ることが出来ません。
老廃物が流れなくなって、どんどん溜まってしまいます。

低体温や低代謝を改善するために、熱を作り出す筋肉を付ける事が必要になります。
しかし、急に筋トレは出来ないので、循環を良くするための工夫をしていきましょう。

また、低体温や低代謝は女性にとって、美肌やアンチエイジングの妨げになります。
肌だけでなく髪にもツヤが無くなって、老け顔になってしまいます。

代謝が低下すると、肌や髪に血液や栄養分がいかないことや、古くなった
コラーゲンが排出されないで、溜まっているために起こってしまうのです。

このような状態にならないために、日頃からの生活習慣や食生活に
気を付けて、いつまでも若い肌とツヤのある髪をキープして、
汗腺が正常に機能するような工夫をしていく事が大切でしょう。