過剰なダイエットによる低体温

私たちは食べ物の中にある、糖質からエネルギーや熱源を
作り出して、体温を保っています。

この糖質をエネルギーに代えるために必要なものが、
亜鉛・マグネシウム・鉄・セレンなどのミネラルとビタミンです。
これらの栄養素が1つで不足すると、食物からエネルギーを
作り出す事が出来なくなり、低体温になってしまうのです。

普段の食事で、三大栄養素のタンパク質・脂質・炭水化物は
簡単に摂ることが出来るので、十分に足りていますが、
ミネラルやビタミンはほとんど足りていないのが現状です。

現代人は、外食やコンビニのお弁当などで食事を済ましたり、
特にダイエットをする時に、早く結果を出したいという
気持ちから、バランスの良い食事を摂らないことがあります。

バランスの取れた食事は、三大栄養素とミネラル、ビタミンを
全て摂る必要があるのですが、ミネラルやビタミンがどうしても
不足してしまうので、身体の中で熱が上手く作れない状態が
続いて、この結果が低体温の身体を作ってしまっているのです。

女性には生理があり、この生理はホルモンの分泌によって正しく
行われるのですが、亜鉛やセレンなどのミネラルが不足すると、
ホルモンの分泌が低下して生理不順を起こしてしまいます。

また、低体温の身体は、代謝が悪くなっているので脂肪が
燃焼されないまま、体内に溜まってしまいます。そうなると、
頑張ってダイエットをしているのに、まったく体重が落ちないと
いう現象も起きてくるので、全くの悪循環になってしまっています。

ダイエットをするなら、しっかりと必要な栄養素を摂り、
脂肪がエネルギーに変わりやすいように、基礎代謝を上げて
低体温を改善していくことを1番に考えて行うことが大切です。