低体温と頭痛

低体温や冷えは万病の元と言われるくらい、様々な不快な症状が現れてきます。

頭痛も低体温の症状の中の1つです。
頭痛の起きる原因で多いのは、肩こりからくるものです。

その他に、血圧異常や睡眠不足、眼精疲労、女性に多い便秘など、
様々な原因があります。また、過労や精神的ストレス、
女性ホルモンの低下、環境の変化と原因が多くあるので、
頭痛を改善するためには、原因をしっかりと把握しておくことが大切です。

1番の原因である肩こりは、低体温が原因で血液の流れが
悪くなったことから起こるようです。肩や首筋の筋肉が緊張して、
血液や酸素が脳まで十分に行き渡らないため、脳が貧血状態になってしまうのです。

女性の場合は、女性ホルモンの変化によって起こることもあります。
低体温の女性に多い生理不順や生理痛を訴える方の中に、
生理前や生理中に頭痛が起こりやすくなっています。

気温の変化による頭痛は、温かいところから急に寒いところへ
移動したり、エアコンの冷気を直接頭に当たったりしたときに、
急激な温度変化に身体が付いていけないためです。

どの原因についても、頭痛を解消する方法には
低体温を改善していく必要があります。

まず、血流を良くするためには、基礎代謝を活発化させて、
自律神経の低下を防ぐようにしなくてはいけません。

気をつけなくてはいけないのは、頭痛を緩和させるために
服用する薬には、解熱作用もあると言う事です。

反対に、低体温を悪化させてしまう事もあるので、
注意しましょう。頭痛がひどい時は、市販の薬だけでなく
頭痛外来などの専門機関に、相談するようにしましょう。