低体温の症状

低体温は身体にどの様な影響を与えるのでしょうか。
体温が常に35度台しかない状態は低体温になりますが、
低体温と冷え性とは少し症状が違うようです。

冷え性は手足が夏場でも冷たくなっていますが、
低体温の方が皆手足が冷たいという訳ではありません。
そのため、自覚症状があまり感じられないので、
自分が低体温なのか分っていない方が多くいます。

低体温は、身体が冷えているだけと甘く考えていると、大変な
病気が隠れていることもあるので、注意しなくてはいけません。

低体温の方は、風邪を引きやすいと言われます。
それは、ウイルスや細菌に感染しやすい身体になっているからです。

もともと人間の身体は外部からの敵から身を守るために、
免疫力を持っています。その免疫力が低下しているため、
感染症を起こしやすくなっているのです。

低体温の方の身体は免疫力が低下している状態なのです。
免疫力が低下すると、感染症だけでなくアレルギー症状も
出やすくなります。アトピー性皮膚炎や鼻炎、花粉症なども
低体温からくる免疫力の低下が引き起こしています。

女性は生理痛や生理不順に悩まされる方が多く、不妊の原因に
なっているとも言われています。また、低体温の方は自律神経にも
影響を与えて、甲状腺や副腎のホルモンの分泌が低下するとも言われています。

その他にも、汗腺の機能が低下していることが多いので、
身体の中の熱を上手く外部へ放出することが
出来なくなっているため、熱中症を起こしやすくなっています。
このような症状がある方は、低体温を疑ってみる必要があります。