低体温を漢方で改善

低体温の改善には、漢方薬がお勧めです。
低体温には様々な症状が現れるので、漢方薬も、
その症状に合わせた種類の薬を処方してもらうことが大切です。

低体温で現れる症状に、肌荒れがあります。
体温が下がると基礎代謝が低下して、栄養が身体の隅々まで
行き渡らないため、老廃物が溜まって肌荒れを引き起こすのです。

漢方では、肌荒れを単に皮膚のトラブルと考えないで、
身体のバランスの崩れと考えます。水分や血液の代謝が上手く
循環していないところに問題があるとして、漢方薬を処方します。

また、低体温が引き起こす症状にアレルギーがあります。
アレルギーの中でもアトピーの原因は、身体の冷えから
来ているものと考えています。低体温のために起こる
代謝の低下で、身体の中の老廃物が排出されにくくなって、
血液が汚れてしまっているのです。

アトピーを改善する漢方薬は、この冷えを改善することを
目的とした薬を処方します。その他に、低体温の症状である
生理不順や生理痛など婦人科系の症状は、漢方では「
血の道」と言って、精神的な問題が関係していると考えます。
この「血の道」を改善するための漢方薬を処方します。

最近では子供の低体温が増えていると言われているので、
早めの改善が必要になります。子供のうちに低体温を改善して
おかなくては、大人になってから辛い思いをする事になってしまいます。

子供の漢方薬は体質改善を目的として処方されることが多いようです。
漢方薬の種類もたくさんあるので、漢方専門の薬局に行って
専門家と相談しながら、適切な漢方薬を処方してもらいましょう。