低体温の原因

低体温の状態が身体に及ぼす影響は、目に見えるものでは有りません。
じわじわと身体に悪影響を与えているのです。

何故、低体温になってしまうのでしょう?
主な原因は「食生活」「生活習慣」にあると言われています。

人間の身体は、体内で作られる熱を血液循環を使って
体内に運んでいき、そのために体温が保たれているのです。

この熱を作り出すのが筋肉ですが、筋肉が衰えていると
熱を作り出す働きが弱まり、ストレスなどで血管が収縮すると、
熱を身体に運ぶ血液循環が滞りやすくなります。

このストレスは、低体温の原因の1番の問題になっています。
ストレスが溜まると、自律神経やホルモンのバランスを崩し、
交感神経と副交感神経の働きが上手くいかなくなるのです。

交感神経が優位になると、血管を収縮して血圧が上昇して、
身体が運動や仕事をするために良い状態になります。

副交感神経が優位になると、血管が拡張して血圧が
下がるので、心身を休めて食事の消化吸収を良くします。
このバランスが崩れると、血液循環が悪くなってしまうのです。

その他に、エアコンがどこでもある状態の中で、
寒暖の差がなくなっているため、身体が自分で
体温の調節が出来なくなっていることも、原因の1つと言えます。

冷え性の原因も低体温と同じなのですが、冷え性には手足が
冷たくなると言う自覚症状があるため気が付くのですが、
低体温は身体の内部と身体全体が冷えているので、
自覚症状がありません。自分は大丈夫と思っていると、
いつの間にか低体温になっていたと言う事があるようです。