低体温とアレルギーの関係

低体温になると、免疫力が低下するために様々な症状が起こって
きます。代謝機能が低下して、自律神経失調やアレルギー症状が
現れてきます。喘息やアトピー性皮膚炎、花粉症まで低体温が
引き金になっていることが多いようです。

アレルギーは人間の身体の中に細菌やウイルスが入り込んで、
その異物を排出しようと身体が抗体を作ります。

ところがこの抗体が普通の免疫反応よりも過剰に反応して
しまい、これによってアレルギーが起こってきます。低体温の
身体は、免疫力の力が弱っているので、過剰反応しやすくなっているのです。

花粉症は、最近になって発祥する方が増えてきていますが、
以前はほとんど見られなかった病気です。花粉の量が以前より
たくさん飛散しているのではなく、低体温になる方が以前に比べて
増えているので、花粉症の方が増えたのではないでしょうか。

低体温になると、身体の中の酵素が働かなくなり、消化することが
出来なくなると、栄養が身体に行き渡らなくなってしまいます。
そのため、新陳代謝が悪くなり、免疫力が低下してしまうのです。

現代人はストレスを抱えている方が多く、不規則な生活や、
添加物の多く含まれている食品を摂ることで、低体温に
なってしまう傾向に在ります。このような生活を送り続けて
いれば、低体温を改善しようとしても簡単には出来ないでしょう。

また、最近は子供の低体温が増えているので、アレルギーを
発祥している子供も増えています。アトピー性皮膚炎なども
以前はあまり聞かなかった病気です。現代の生活が低体温の
人間を増やし、アレルギーを発症させる事になるのです。