痩せにくい低体温

頑張ってダイエットをしているのに、全く痩せないと
悩んでいる方はたくさんいます。痩せないと悩んでいる方には、
共通した身体の不快な症状があることが分っています。

まず、多いのが低体温の方、手足が冷えて夏でも靴下が
手放せない方、生理不順の方など、共通している症状です。
では、なぜこの様なことが起こってしまうのでしょう。

たくさん食べているのに、全く太らない方がいるのは、
体質だからではありません。人間は生命を維持するために
熱を作り出さなければいけません。

その体温を維持するために基礎代謝が必要で、
その基礎代謝を活発にするために、エネルギーが必要です。

エネルギーを燃やして熱を作り出すのですが、
このエネルギーの元が脂肪なのです。低体温の方が痩せにくい
身体なのは、この基礎代謝が活発に行われていないからなのです。

低体温では内臓まで冷えていて、内臓の機能が
低下すると消化が上手く行われず、代謝も活発になりません。

低体温の方の身体の中は、代謝が悪くなることで
エネルギーを作る働きが衰えて、使われるはずの脂肪が
使われなくなって、溜まってしまうと言う悪循環になっているのです。

体温が1℃下がると基礎代謝が12%低下すると言われているので、
低体温が代謝を悪くして、痩せない身体にしているがよく分ります。

人間の体内にある酵素によって代謝が行われるのですが、
この酵素が1番活性する温度が36〜37℃なので、
平熱であれば酵素は活発に働いているのです。

低体温を改善して、痩せやすい身体を作っていきましょう。