低体温が影響する病気

病気になりやすい身体は、免疫力が低下しているからだと言われています。

身体に入った細菌やウイルスをやっつけてくれるのが白血球です。
白血球は、顆粒球とリンパ球とマクロファージで構成されています。
それぞれが体内に入ってきた敵を次々とやっつけてくれるのです。
低体温の人はこのリンパ球の数が少ないので、
外的から身を守る力が弱く、病気になりやすいのです。

アレルギー疾患にかかりやすいのも低体温の方の特徴と言えます。
最近よく風邪を引きやすくなったと思われる方は、普段の平熱を
測ってみましょう。気が付かないうちに、低体温になっていることがあるのです。

また、低体温のために自律神経系が乱れてストレスが溜まりやすい
身体にもなってしまいます。そうなると、血流が悪くなり、頭痛、
肩こり、腰痛などの痛みが起こります。

その他に、内臓が冷えているので消化が悪くなり、栄養が十分身体の隅々まで
行き渡らなくなり、老廃物が溜まって肌のトラブルを引き起こします。
低体温の方はアンチエイジングをするのも難しいということになります。

そして、怖いのが癌です。
癌細胞は体温が35度以下になると、活発に動き出し
増殖を始めます。そこに低体温のため免疫力が低下していると、
更に癌の住みやすい身体になってしまっているのです。

低体温が引き起こす病気は、単に身体の調子が悪くなるだけでなく、
命にかかわる重篤な病気を引き起こすことがあることも知っておきましょう。

低体温が万病の元と言われるくらい、身体にとって悪影響を
与えているので、低体温の方は出来るだけ早く対策を考えることが大切です。