生活習慣が影響する低体温

低体温の原因の1つに生活習慣の乱れが上げられます。
不規則な生活の上にストレスが溜まっていると、
身体に良くないことは誰でも分っているでしょう。

低体温を改善するには、漢方薬やサプリメントなども効果が
ありますが、根本的な生活を見直していかなければ、意味がありません。

低体温は下半身の筋肉の衰え、食事の取り方、暑い季節でも冷房の効いた
室内に長時間居ることで引き起こされるので、この原因を改善していきましょう。

下半身の筋肉の衰えは、運動不足によるものです。
忙しいと言い訳をしないで時間を作って軽い運動を行いましょう。
ウォーキングやジョギング、スクワットなど無理の無い程度から始めてみましょう。
下半身の筋肉の動きは、血液を心臓に戻すために大切な役割をしているのです。

低体温の方の食事で気を付ける事は、体を温める食品を取る事が基本でしょう。
身体を温める食品はたくさんあるので、外食やレトルトなどの食事を
出来るだけ避けて、手作りの食事を取るように心がけましょう。
特に低体温を改善してくれる食品は、根菜類やタンパク質などです。
毎日取れるような食事の改善をしていきましょう。

その他、シャワーで簡単にお風呂を済ませないで、時間をかけて
下半身浴を行ってみましょう。ぬるめのお湯に心臓より下まで
浸かって、全身の血液の流れを良くしていきます。

この下半身浴は副交感神経を優位にする効果もあるので、寝る前に
ゆっくりと入っることが大切です。お湯の温度は40℃くらいで、
20分〜30分ほど浸かって、軽く汗ばむくらいが良いようです。
心も身体もリラックスして、ストレスも解消することが出来るでしょう。