低体温と冷え

低体温の方は、ほとんどが冷えを感じています。
健康な方の平熱は36度〜37度ですが、低体温の方は
35度台がほとんどで、時には34度台になる方もいるようです。

低体温になれば、基礎代謝が低くなり
免疫力が低下するので、体にとって悪い環境になります。

低体温では体の中まで冷えているので、手足が
冷たくなくても、体の中は冷えを強く感じる事になります。

冷え性は、体の表面が冷たくなるので、自覚症状がありますが、
低体温は自覚症状がほとんど無いので、自分が低体温に
なっているかどうか気が付かずにいる方も中にはいます。

低体温の方は体の中が冷えているので、血行が悪くなっていたり
免疫力が落ちるので、肩こりや頭痛、生理痛、生理不順、むくみ、
便秘、アレルギーなどの不快な症状が出ることが多いようです。

また、内臓の機能も低下することで、花粉症になる方も
多くなっています。思い当たる症状があれば低体温を
疑ってみる方がいいのではないでしょうか。

特に低体温で冷えると卵巣機能や黄体機能が低下してしまう
こともあり、妊娠しにくい体質になっている方もいます。

これから子供を産もうと考えている女性の方は、
今から低体温対策をすることが大切です。

体の中心が冷えていると、手足がほてっていて顔や鼻の頭が赤く、目の下に
クマが出来ていて、生理不順や不正出血があるなどの症状が現われます。

自分が低体温かどうかを確認して、体温が35度台で
あれば早めの改善を行っていくことが大切です。
漢方やサプリメントなどや、最近人気がある
岩盤浴で冷えを改善していくのも良い方法でしょう。