朝が辛い低体温

低血圧の方は、朝起き辛いことはよく知られていますが、
低体温の方も同じように朝が辛いようです。

低血圧の方の朝の体温は、かなり低めなので
この低体温になっている状態が朝起きるのを辛くさせるのです。

体温調整を行っている脳の視床下部は、交感神経を
調整する働きがあります。朝寝起きに活性化するはずの交感神経が、
正常に働かなくなることで、体温が上がらなくなって
低体温の状態になったり、血圧が低くなることもあります。

この症状は大人だけでなく、最近では子供の中にも
低体温で朝起きることが辛いという子が増えてきています。

低体温の原因としてよく言われているのが、生活習慣や
食生活の乱れや、ストレスだと言われていますが、
子供の低体温はそれに付け加えて、寝不足があります。

大人でも子供でも生活のリズムが狂っていると、低体温の症状が
引き金になって、他の病気を引き起こすことも考えられます。

また、ストレスを受けることも多くなっていて、特に子供は
塾通いのためストレスと寝不足が重なっていることもあります。
低体温を改善するために、生活や食事を見直して、体を動かすことも大切です。

もともと子供は基礎代謝が高いので、体温は
高いはずなのですが、冷暖房の効いた空間に居ることが多いので、
体温調節をする機能が低下してしまっているのです。

そんな子供が大人になっても、低体温は解消されません。
子供の時期から、本来の生活リズムを取るようにして、
低体温を改善していくことが大切です。

朝起きてすぐに熱を作り出す事が出来ない状態は、
社会生活にも影響を及ぼしてしまいます。